【条例】ゲーム依存症対策の条例成立、罰則は?【香川県】

ゲーム(PS4)

スポンサーリンク

どうも、ごリあんです。

香川県で「ネット・ゲーム依存症対策条例」が成立しましたね。
具体的にどのような条例なのか確認します。

概要

香川県で成立した、子どものインターネットやゲームの依存症を防ごうと、コンピューターの利用時間を1日に60分までとする「目安」を盛り込んだ全国初の条例です。2020/03/18に香川県議会で可決、成立しました。執行は、2020/04/01からです。

対象

18歳未満を対象にゲームの利用時間を平日は1日に60分、休日は90分です。また、スマートフォンの利用については中学生以下が午後9時まで、それ以外(18歳未満、高校生以上※1)午後10時までとする目安を設けました。この時間を参考に各家庭がルールを作るように呼びかけるようです。
※高校生以上と記載していますが、高校は義務教育ではないため参考としてください。

罰則

現時点で、罰則等はなく、各家庭へのルール作りを呼びかけている段階です。

条例の4つのポイント

1.依存症について広く認知してもらう

青少年をゲーム依存症から守り、依存症について広く認知してもらう目的があるようです。

2.18歳未満の子どもに対し、ゲーム利用時間の目安を決定

上でも記載しましたが、ゲームの利用時間を平日は1日に60分、休日は90分です。

3.スマホの利用時間の目安の決定

スマートフォンの利用については中学生以下が午後9時まで、それ以外(18歳未満、高校生以上※1)午後10時までとする。家族との連絡や学習目的は除きます。なので、You Tubeの学習コンテンツの視聴はOKということですかね。

4.家庭内でのルール作りを促す

2、3の利用利用時間を目安として、家庭内でのルール作りを促しているようです。

この条例の成立した背景

香川県議会で、ゲームの課金システムなどへの依存、ゲームのやり過ぎによる睡眠不足や生活習慣の乱れる子どもが増えていると判断し、自治体などを含めた総合的な対策が必要であると考えられ、議論が本日まで進められてきたのだと。

世界保健機関(WHO)は2019年、日常生活よりもゲームを優先する状態などが1年以上続く「ゲーム障害」を病気として認定している

新型コロナウイルスの影響を受け、全国で休校にする学校が増える中、共働きの女性などは「子どもが家でゲームをしてくれている方が、外出されるよりも安心できる部分がある」考える方も多い。

まとめ

ゲーム好きの筆者からすると、複雑な気持ちですね。小学生の頃は、遅くまでゲームをして何度も親にゲーム機を隠されたのは懐かしい思い出(笑)。流行っているゲームを早くクリアしていという気持ちは必ずあるでしょうし、友達と家でゲームをして遊ぶ場合なども考えられるし、難しいですよね。

背景には、スマホの課金ガチャの問題が大きいのだと思います。親のクレジットカードを使用して課金アイテムを購入する子どもがいるなどのニュースもありましたしね。

とりあえずは、香川県以外の都道府県の対応についての今後に注目ですかね。では、また。

ごりあん
1時間は短いよね、せめて2時間は欲しいだろうに…

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です