【雇用】同一労働同一賃金どうなるの?【派遣社員】

働く女性

スポンサーリンク

どうも、ごりあんです。

今回は、4月1日から実施される同一賃金同一労働について解説していきます。
※実施日は、企業形態によって異なるので注意してください。

同一賃金同一労働とは

名称から、何んとなくイメージはできるかと思いますが、内容について見ていきましょう。

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

●パートタイム・有期雇用労働法:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日より施行
●労働者派遣法:2020年4月1日より施行

引用元:厚生労働省 同一労働同一賃金特集ページ

目的

これまでの日本の企業文化では、正社員は非正規社員(派遣社員など)よりも良い待遇で働けるということが当たり前でした。例えば、非正規社員の方が正規社員よりも仕事ができ、会社に多くの利益をもたらしていたとしても、給料は非正規社員が正社員に劣るなどがあげられます。差別と言っても過言ではないほどの実態がありました。

もちろん、責任の重さなどが異なれば、それに見合う報酬も異なることはまっとうな道理ではあります。

しかし、仕事の条件や負担が同じであった場合、こうした身分による差別は今後持続可能な日本社会を作っていく上でよろしくない、ということで想起されたのが「同一労働同一賃金」という考え方です。

中小企業の範囲は?

中小企業の範囲については、「資本金の額または出資の総額」と「常時使用する労働者の数」により基準が設けられています。

詳しくは、下記のURLをご参照ください。
パートタイム・有期雇用労働法の施行にあたっての中小企業の範囲

対象者の3パターン

  • 有期雇用労働者
  • パートタイム労働者
  • 派遣労働者

「同一労働同一賃金」の執行後は、上記の雇用形態で働いている社員と正社員の待遇格差がなくなります。

4月からの、雇用形態が対象なので無期限のフルタイム労働者になった場合などは注意が必要ですので、確認しておきましょう。

メリットとデメリット

本記事では、雇用側ではなく労働者側にスポットを当ててメリット・デメリットについて記載していきます。

メリット

賃金が上がる期待がもてる

「仕事を頑張っていても評価されない」「正社員の方より会社に貢献しているのに給与があがらない」といった状況が改善されます。やった分だけ評価されるという期待がもてます。

働きがい、やりがいが生まれる

上で少し触れましたが、自分が行った仕事に対して評価されるということは、仕事に対するモチベーションの向上も見込めます。そのため、仕事にやりがいを感じれる可能性が高くなります。

キャリアップにおける壁がなくなる

実力主義型の社会になっていくにつれ、そうした肩書きは意味をなさなくなり、仕事ができるorできないという価値判断に基づいて仕事も得られるようになるべきです。

同一労働同一賃金では賃金の問題だけでなく、社会的な非正規への見方の変革が求められています。

デメリット

正社員の賃金が下げられる可能性がある

同一労働同一賃金の実施により仕事への評価が適正になるということは、不当に高い給料をもらっていた社員も適正な値段に引き下げられる可能性もある、ということです。

それまでもらっていた給与額や残業代をアテにしていた社員にとっては、厳しい状況になるかもしれません。また、家族への影響もあるでしょう。

派遣などの雇用形態を受け入れる企業な減る可能性がある

企業は非正規社員の数を調整する可能性があります。これは、企業側に発生する人件費の上昇が関わっています。雇用を切られてしまった場合、派遣元の企業は常駐などの条件を受け入れてくれる顧客を新たに開拓する必要があり、その影響は労働者の稼働条件などにも及ぶと考えられます。

扶養から抜ける可能性がある

同一労働同一賃金のルールにより時給単価が上がると、今まで通りの就業時間では扶養を抜けてしまう可能性があります。そのため、労働時間を調整する必要があります。

まとめ

どうでしたでしょうか、何となく同一労働同一賃金について理解できたでしょうか。雇用側も労働者側も様々なメリットとデメリットが存在するのが分かるかと思います。特に正社員として働いている人はこの政策により活を入れられるかも知れませんね。プライドが高い、また古い考えを持っている方は、非正規社員に給料は負けたくないと思っているでしょうし。それでは、また。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です