【再就職】再就職する時に理解してくべき点について【注意点】

サクセスストーリー

スポンサーリンク

どうも、ごりあんです。
転職、退職後の再就職までの期間ってどれくらいがだとうなのでしょうか。期間が長ければ企業側の味方が変わってきます。そんなことで、この記事では、再就職するときに理解しておくべき点について書いていきます。

もしも再就職先を探す予定があるなら、それまで仕事をどうするかを検討する必要があります。再就職先を探している時に仕事をしていない状態でいると採用の可否に関わる場合があります。

在職中に転職活動をする

今の会社を退職してから、新しく再就職先を探すまでどんなスケジュールで動くかは個人差がありますが、企業は仕事の間隔が大きいと気にかけるようです。

たとえ就職活動をしていたとしても、あまりにも長く無職の期間があれば、評価を下げてしまう可能性もあります。

採用面接を受けに行った時に無職期間が長引いた事情を尋ねられても、滞りなく話ができるようにする必要があります。ずっと再就職先がなかったのは、本人に問題があったのかもしれないと思われがちです。

一人で転職活動を進めない

転職活動を行う場合、一人ですすめるのではなく、エージェントなどを利用することをおすすめします。それは、個人のスキルを客観的に判断し企業選択のアドバイスを受けることが重要であるからです。

また、再就職に関するデータでは、友達や家族の口添えがあったために仕事先がスムーズに見つかったという人もいます。高い能力を有していたとしても、他人にそれを認めてもらい再就職を決めることができるとは限らないということが、言えるかもしれません。友人や知人の紹介があると再就職が容易になるとはいえ、業種によっては確実ではありません。

おすすめの転職エージェント

  • doda
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

上記リスト以外にハイキャリア向けのおすすめ転職エージェントとしては下記があります。

  • キャリアカバー
  • ランスタッド
  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント

企業を選ぶ時にイメージだけで決定しない

企業イメージだけで、転職先を選択するといざ内定をもらい働くことになってから「こんなはずじゃなかった」とアンマッチが起こることがあります。

自己分析を徹底するとともに、企業調査も念入りに行いましょう。

まとめ

キャリアや人脈のある人ばかりではないことを考えると仕事を変えて転職するということのハードルの高さも見えてきます。再就職できるところを探しているけれど、条件に折り合いがつくところがないという方もいます。

もしも再就職をしたいと思っているなら、納得のいく条件で採用先を探しづらいことがあることも知っておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です