【長期的な視点が大切】一時的な支出がアップしても、将来的な節約を取って得した話【体験談/経験】

看板(Next BIG THING)

スポンサーリンク

どうも、ごりあんです。
契約している商品によっては、解約や切り替えにお金が発生してしまうことがあります。しかし一時的に支出が増えてしまったとしても、将来的な節約をとったほうがいいかもしれません。

例えば、スマホやネットを切り替える時に違約金を払うことになったり、思っていた契約内容と違って高い値段が取られてしまう可能性があります。

ただ、いろんな経験をしてきたものは、たくさん切り替えていろんな会社を経験した方が将来的に節約になるということ。

今回は一時的な支出を気にするよりも、経験を積んで将来的な節約につなげた方がいいという話です。

一時的な支出を気にしなければ、将来大きな節約ができる

一時的な資質を気にしないことによって起こることは将来の節約です。

例えば、違約金を払って格安スマホに切り替えたとします。

そうすると、違約金を払った月は高くなってしまいますが、将来的に安く済むようになるんです。

また、ネット回線を切り替えた結果、少し高くなってしまったとします。

それは確かに痛いですが、貴重な経験となり、将来ネット会社を簡単に切り替えられるようになるんです。

そうすると、新しく安い会社が登場してきた時に、早く波乗れるようになります。

新しい割引の波に早く乗れるようになる

仮に切り替えに失敗してしまったとしても、その切り替えの経験が後々に生きます。

新しい割引の波に早く乗れるようになるんです。

ネット回線を1度も切り替えたことがなかったら、本当に切り替えていいのかと迷ってしまいます。

ただ、すでに2回切り替えている人はどうでしょうか?

切り替えるハードルが低くなっているので、新しい割引の波早く乗れるようになります。

そして、その波に乗り続けることができるんです。

そうなると、かなりの割引を受けながら生活できるので、結果的に大きな節約になります。

勉強代を少し払ってしまうかもしれませんが、将来的には安く生活ができるでしょう。

家のネット回線で失敗を経験しています。

昔家のネット回線を電話営業で切り替えたことがありました。

切り替えて安くなると思ったんですが、実際切り替えてみると少し高くなっていました。

めちゃくちゃショックを受けました。

でも、これによって「次は違うのに切り替えるぞ!」と思うようになりました。

そして、また切り替えました。

その結果ネット回線の切り替えに躊躇することがなくなり、新しいサービスをどんどん活用できるように!

それ以降固定費はどんどん下がっていったので、一時的に損はしてしまいましたが今となってはいい経験になっています。

まとめ

結論:一時的な支出より経験が安さを生む可能性がある!

一時的な資質を気にするよりも経験を積むことによって、安く生活できる可能性があります。

格安スマホの切り替えなどはその典型例です。

2回ほど切り替えた経験があれば、切り替えるのをためらうことがなくなります。

そうすると安い会社が出てきたときに即切り替えることができるんです。

なので、違約金や一時的な支出を気にせず経験を積んでみるのも1つの節約術。

ごりあん

少し応用的な方法になってしまいますが、ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です