はじめての転職も大丈夫!退職から入社まで【時系列】やることリストまとめ

アイキャッチ_964

スポンサーリンク

どうも、ごりあんです。

転職先で働きだしてから、前職に「あの書類を送ってほしいのですが・・・。」と連絡したくないですよね?

内定をもらったら、次は退職準備。

でもやらなければいけないことがたくさんあって、初めてでも2回目でも慣れないのが現状です。

新しい会社でスムーズに仕事を始めるには、きちんと退職計画を立てる必要があります。

この記事では「退職を決めてから具体的に何をするのか」を、時系列に”やることリスト”としてまとめました

退職の意思表示から転職先の入社まで、ひとつずつチェックしながら進めていきましょう。

こんな方におすすめ
  • 退職までにやることがわからない
  • スムーズに退職したい

退職・転職までの大まかな流れ

まずは退職から入社までの全体の流れをつかみましょう。

  • 退職2ヶ月前:退職の意志表示、退職日の調整
  • 退職1ヶ月前:引き継ぎ業務開始・退職日の決定・退職届の提出
  • 退職10日前:取引先への担当引き継ぎ・挨拶まわり
  • 退職日当日:社内への挨拶・貸与品の返却
  • 入社日当日:書類を提出

会社への退職申し出は2ヶ月前から1ヶ月前には行います。

退職がスムーズに進まないと転職先の入社が遅れてしまう可能性も出てきます

円満退職するため、そして転職先に迷惑をかけないために、退職の意向をできる限り早めに伝えたほうが無難です。

では時系列にチェック項目やポイントを紹介していきます。

退職2ヶ月前:退職の意思表示、退職日の調整

転職先から内定を獲得したら、現職の退職手続きを始めます。

まずは直属の上司に退職したい旨を伝え、その後先輩・同僚や部下にも伝えます。

先に上司以外の人に話すと、本人以外から上司に伝わり、トラブルになってしまうかもしれません。

法律では申し出から2週間で退職できますが、2週間では業務の引き継ぎや人材の補充が難しいです。

また、就業規則にも「1ヶ月前までに」と書かれているケースが多いため、2ヶ月前〜1ヶ月前には申し出るのが一般的です。

(※この時点では退職届はまだ出さなくて大丈夫です。)

上長に話を切り出す際はタイミングが重要。

繁忙期や忙しい時は避け、できることなら2人きりで話しましょう。

「いつ辞めるんだ?」と聞かれるケースもありますので、大まかな退職予定日を考えておくとベターです。

理由に関しては職場や人の不満を口に出さないようにします。

「改善したら退職しないんだね?」と言われてしまうと、退職がしにくくなります。

「すでに次の仕事が決まっている」など、しっかりと退職の意思を表示しましょう。

退職日と入社日に間が空く場合は生活が苦しくならないよう、ある程度(数カ月分)の貯金を持っていると安心です。

退職2ヶ月前やることリスト

  1. 直属の上司に退職の意志を伝える
  2. 就業規則で退職の条件や手続について確認する
  3. 生活費4〜5ヶ月分を蓄えている

退職1ヶ月前:引き継ぎ業務開始・退職日の決定・退職届の提出

退職1ヶ月前には退職届(退職願)を提出し、本格的に業務の引き継ぎを行います。

退職届(退職願)は会社指定のフォーマットがあればそれに従い、なければネットのサンプルを参考に書きます。

次に有給消化や会社側の都合・転職先の入社日を踏まえて、最終出社日・退職日を上司と相談・決定します。

すぐに後任者が決まらない場合もありますので、早めに引き継ぎ資料を作っておくとよいでしょう。

取引先から受け取った名刺やファイルなどもまとめておきます。

仕事の流れや取引先担当者の性格・扱い方など可能な範囲で細かく記載します。

引き継ぎ資料は遅くとも退職日3日前には完成するように予定を立てましょう。

後任者に資料を確認してもらい、不明点や気になる点を解消しておきます。

転職してから、同僚や後輩から「ココってどうするんでしたっけ?」と連絡が届くのは嫌ですよね。

退職1ヶ月前やることリスト

  1. 退職届(退職願)を提出する
  2. 引き継ぎ資料を作成する
  3. 引き継ぎのスケジュールを立てる

退職10日前:取引先への担当引き継ぎ・挨拶まわり

退職2週間前〜10日前に、取引先へ担当引き継ぎや挨拶まわりを行います。

なお、会社によっては退職ではなく「部署異動」として伝えて欲しいと言われます。

挨拶まわりの前に会社の意向を確認しておくとよいでしょう。

2020年9月現在、新型コロナウイルス感染症の影響で直接訪問ができない場合があります。

以前は挨拶状やはがきも使われていましたが、今はWeb会議ツールまたはメールにて担当引き継ぎをするのが好ましいでしょう。

あわせて自分宛ての郵送物を後任者に届くよう手続きします。

先方から退職理由を聞かれるかもしれませんが、詳しく伝える必要はありません。

「一身上の都合で」「家庭の事情で」など濁し、転職先についても伝えないほうがトラブルを避けられます。

退職1週間前にはパソコン内のデータ整理をし、返却しなければならない貸与物を確認しておくとスムーズです。

退職10日前やることリスト

  1. 取引先へ挨拶する、後任者を紹介する
  2. 郵便物の宛名を後任者名(または部署)宛に変更する
  3. 会社パソコンのデータ・情報を整理する
  4. 返却する貸与物を確認する

退職日当日:社内への挨拶・貸与品の返却

いよいよ退職日当日です。

引き継ぎや挨拶まわりを完了し、貸与物を返却します。

名刺・社章・身分証明書類(社員証やIDカード)・通勤定期券・健康保険証・制服など、渡し忘れのないよう注意しましょう。

退職日の午後から夕方頃には社内のお世話になった方へ挨拶し、直接会えない場合はメールを送ります。

お菓子を配る際は予算2,000円から3,000円(1人あたり100円程度)。

個包装・常温で保存できる・賞味期限が長いものを選びましょう。

ただ、お菓子は気持ちの問題でマストではないので、配らなくても問題ありません。

現在会社が保管している書類については退職日当日にもらえるのか、または後日郵送になるのかを確認しておきましょう。

具体的には、雇用保険被保険者証・源泉徴収票・年金手帳・離職票(転職先が決まっている場合は不要)を受け取ります。

もらい忘れると退職後に連絡をして送ってもらうため手間・時間がかかり、転職先への提出が遅れてしまう可能性があります。

退社前にはデスクまわりやロッカーを掃除します。

「立つ鳥跡を濁さず」を目指しましょう。

退職日当日やることリスト

  1. 担当業務の引き継ぎを終える
  2. 名刺・制服など貸与物を返却する
  3. 挨拶まわり(または挨拶メールを送る)
  4. 会社から書類を受け取る

入社日当日:書類を提出

転職先に入社してから必要なものを提出します。

転職先に提出する書類は、雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票・健康保険資格喪失証明書です。

会社によっては追加で書類を求められる場合があるので、入社前に担当者や総務に確認しましょう。

手続きは基本的に会社がしてくれます

(※退職日と入社日が1日でも空く場合は自分で年金の切り替え・国民年金への加入・健康保険の切り替えの手続きが必要です。)

1ヶ月以内に働き始める場合は住民税の特別徴収を継続できますが、現在の職場に転職先を伝えなければいけません。

もし転職先を知られたくない場合は普通徴収に切り替えた後、転職先で改めて特別徴収に切り替えることも可能です。

入社日当日やることリスト

  1. 必要書類を提出する
  2. 住民税の切り替え(任意)

まとめ

退職を決めてから何をするのかを時系列にまとめました。

  • 退職2ヶ月前:退職の意志表示、退職日の調整
  • 退職1ヶ月前:引き継ぎ業務開始・退職日の決定・退職届の提出
  • 退職10日前:取引先への担当引き継ぎ・挨拶まわり
  • 退職日当日:社内への挨拶・貸与品の返却
  • 入社日当日:書類を提出

退職には時間と手間がかかります。

せっかく転職活動が成功したのですから、新しい職場で書類が足りなくて「頼りない人」「仕事できるのかな・・・。」と思われたくないですよね。

ごりあん

“やることリスト”を参考に、漏れなく準備を進めていきましょう。

ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です